9 Days of BERKELEY

2004-9-20から28まで

パート1 Jamセッションと料理の鉄人編

20日


ではでかけるかな。


この便で出ました。


9時間くらいのフライトで到着。レンタカーの受付に行くところ。


アラモレンタカーで借りました。ドライバは二人登録。


これが今回使った車。ランク別に車が置いてあって好きな車を持っていきます。
我々は若者向きのリアウイング(羽根)のついたやつを選びました。


出てすぐ高速に乗るのでちょっと緊張します。アメリカの高速は4車線なので広いですね。
はじからはじまで移動するのに一苦労しました。


腹が減ってはいくさが。ということで頼んだらボリュームたっぷり。


LanMindsに表敬訪問。バーバラから今晩ジャズの練習があるので来ないかとお誘い
Qさんが持っているのはゲーリーの新譜CD。。


個人宅です。YAMAHAのグランドピアノが置いてある。


さっそくでかけてきました。Qさんのフットワークの軽さは凄い。


その入り口にて。この番地を探すのに苦労した。


最後に記念撮影。聴衆はわずか二人。贅沢な演奏会です。
左がバーバラ(ds)、右端がダン(b)。
初日から飛ばし気味でいささか不安。

21日


二日目はチャイナタウンでおかゆから。だしがきいていてうまい。


チャイナタウンの入り口にて。


その近くのスターバックスでお茶を。


ナイキタウンで帽子を選んだが今一歩いいのがない。


遅めのお昼。ボリュームがすごくて喰いきれなかった。


チャイナタウンの宝石屋にいる猫。なんだか具合が悪そうな顔してる。


ブロードウエイにある地ビールの「SanFrancisco Brewing」で一杯。16:00からハッピーアワーでコップ一杯1ドル。
10分前に入ったら今だとおちょこみたいのに一杯が1ドルだけどあと10分待つとコップ一杯1ドルで飲めるよと教えてくれた。
当然10分待ってありったけの種類をたのんだ。
向かいの店は世界初のトップレスバーのコンドルという店がある。 1952年にもうトップレスやってたそうだ。



ランバード通りを降りました。世界一急坂だそうです。40度の坂をくねくね道があって教習所を思い出します。
花が咲いていてきれい。このあとさらに降りて左側に行くとタワーレコードがあります。


急いでバークレーに戻ってベディグのディナーに。ルームメートのグレッグがとりわけてくれている。
グレッグは無線LANをタダで使わせてもらっているので感謝してます。
窓の外に見えるのは手前がバークレー、湾をはさんで向こう側がサンフランシスコ。


料理の鉄人のベディグはトマトだけでこんなに多い種類を使う。


今回は中東料理だそうです。棚にあるソースの種類にびっくり。


シシカバ。これもうまかった。

index