パート4 アルカトラスにて監禁されるの編 (24日)


ふと気がつくと充電器とか沢山持ってきていた。最近の旅行は電子装備満載だということがわります。


今回はバークレーから地下鉄で出かけることにした。


地下鉄のEmbarcadero駅で降りて少しあるいたところ。ベイブリッジがきれい。


サンフランシスコブルースフェスティバルです。コテコテのブルースをやります。


金曜日はそのプロモーションの無料コンサート。本番は1日券25ドル、2日券40ドル。
本番の切符はここで買うのが一番安くつくことが判明した。我々はチケットマスターで買ったが5ドルくらい高かった。


さっそく帽子を買った。15ドル。


この人ハモニカでがんがんやった。もちろん濃いボーカルも。


そのハモニカ。


ブルースは1時間半で終わった。急いで次のアルカトラスに路面電車ででかけるところ。


ちょっとだけ時間があるので隣のピア39をフラフラ。


いよいよアルカトラス行きの船に。超人気のため当日券はなくてあらかじめ手配しておかねばならない。


島に上陸。


島から見るサンフランシスコ市はきれい。


ここの監獄は3階まである。アルカポネとかマシンガンケリーが入っていたそう。


脱獄した房。


スプーン一本で脱獄したという経緯が書いてある。


トイレに腰掛けて脱獄を計画するの図。


でもまたつかまってまた入れられたの図。


ここは運動場。映画にも出てきた場面。


これから寿司喰いにいかねばならないのでバートの駅まではタクシー。


電車に乗ると反射的に眠るのです。前日はこれで切符落として4ドル損した。


寿司ですー。


リンとお話。


index